04.削除すべき記事を判断する壁 – オリジナルワードプレスプラグイン Delete Press デモサイト | 不人気記事を自動削除
自動ツールで増え過ぎた記事を自動削除して停まらないワードプレスへ!
自動ツールで増え過ぎた記事を自動削除して停まらないワードプレスへ!

04.削除すべき記事を判断する壁

阿修羅ワークス阿修羅ワークス
さきほどの続きなんですが、必要な記事と不必要な記事を判断するには壁があるんですね。
プログラムには主観がないので、必要と不必要を仕分けできないんです。
ランファランファ
はい。それは聞きました。
そこからどうすればいいんでしょうか?
阿修羅ワークス阿修羅ワークス
記事が数万件あって、全てが必要だということはないと思うんですよ。
特に自動作成で作ったページにはアタリとハズレがあると思うんです。
ランファランファ
はい。確かにそうだと思います。全部のページに満遍なくアクセスがあるとは思いませんものね。
阿修羅ワークス阿修羅ワークス
そこなんですよ。ポイントは。
結局、どんなに素晴らしいことが書いてあろうと、つまらないことが書いてあろうと、アクセスというか、見てくれる人がいなければ意味がないんです。
そこに目をつけると、アクセス数のないページまたは、最終アクセス日時が古いページは不要なのでは? という判断ができるんですね。
ランファランファ
あーなるほど。視聴率みたいなものですね。アクセス数がないということは人気がないと判断できますもんね。
阿修羅ワークス阿修羅ワークス
そうです。視聴率みたいなもので、視聴率が悪ければ打ち切り=削除すればいいわけです。
ランファランファ
でも、そうすると昔は視聴率が高かったけれど、今はそれほどでもない、という番組は生き残っちゃいますよね?
阿修羅ワークス阿修羅ワークス
その通りです。単純にアクセス数だけを見ていると、過去にヒットしたページはアクセス数はクリアしているので、現在どんなに人気がなくても生き残ってしまいます。老害ですね。
そこで、最終アクセス日時です。最終アクセス日時でも判断して、たとえアクセス数がクリアしていても、最後にそのページを見た人があまりにも昔であれば、今は人気がない、と判断して削除することができます。
ランファランファ
おおっなるほど。
だから、アクセス数と最終アクセス日時なんですね。
この2つの条件でうまく仕分けできるような気がします。

コメント

記事に戻る

コメントを残す